ボタニカル柄は、ヤシ柄が鉄板!ガウチョで取り入れるのが今年っぽい

ヤシの木といえば南国。真夏気分でハッピーに着こなすのがとびきりかわいい!
ヤシ柄はカジュアルにも、大人っぽくも着れるので注目です。

リゾート感あふれるヤシ柄は夏の鉄板柄。
今年のヤシ柄はガウチョパンツが気分。ガウチョは無地もいいけれど、夏に向けては柄ものをセレクトするのも◎

今季のボタニカル柄は、リゾート感覚よりも都会的に大人っぽく着こなすのがポイント。

ブルーやグリーンのイメージが強いヤシ柄も、モノトーンで組み合わせると洗練されたシックな雰囲気になります。

ダズリンのヤシの木柄ガウチョは、シックなカーキにモノトーンのヤシの木がオシャレ。
トップスはコンパクトに定番カットソーで細見え効果も完璧です。

定番といば、白のTシャツとヤシの木柄ショートパンツも鉄板コーデですね。
足元をきれいめなヒールにすると、ひと味違うコンサバ風。

トップスを黒にすれば、よりすっきりとしたシルエットに変わります。

レザージャケットやレーストップスをインにすると、ヤシ柄のきれいめコーデが完成です。

ヤシの木柄をエンボス加工で表現したシースルークレープのトップスや、葉の柄を麻にプリントしたアイテム、ヤシの葉をモノトーンで表現したストレッチプリーツのトップスなど、大人のヤシ柄がパリコレ常連のブランドからも発表されてます。

夏のおとずれを感じるモチーフのヤシ柄で、ひとあし早く夏気分♪

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。